日本アメリカ文学会関西支部11月例会のご案内

日本アメリカ文学会関西支部11月例会のご案内 11月例会を下記の要領で開催致します。会員の皆様におかれましては、万障お繰り合わせのうえ、多数ご参加下さいますよう、ご案内申しあげます。 日時:11月4日(土)午後3時より …

日本アメリカ文学会関西支部10月例会のご案内

日本アメリカ文学会関西支部10月例会のご案内 10月例会を下記の要領で開催致します。会員の皆様におかれましては、万障お繰り合わせのうえ、多数ご参加下さいますよう、ご案内申しあげます。 日時:10月7日(土)午後3時より …

新刊紹介:高村峰生 著 『触れることのモダニティ―ロレンス、スティーグリッツ、ベンヤミン、メルロ=ポンティ』

【著者名】高村峰生 【書名】『触れることのモダニティ―ロレンス、スティーグリッツ、ベンヤミン、メルロ=ポンティ』 【出版社】以文社 【発行日】2017年2月28日 【価格】3200円+税 【ページ数】312頁 【ホームペ …

新刊紹介:成田雅彦・西谷拓哉・髙尾直知(編著)『ホーソーンの文学的遺産――ロマンスと歴史の変貌』

成田雅彦・西谷拓哉・髙尾直知(編著)『ホーソーンの文学的遺産――ロマンスと歴史の変貌』 開文社出版,2016.5.30, A5判 xiv+462頁, ¥4,800 概要 ナサニエル・ホーソーン没後150年を記念して、ホー …

新刊紹介:里見繁美・中村善雄・難波江仁美編著 『ヘンリー・ジェイムズ、いま : 歿後百年記念論集』

ヘンリー・ジェイムズ、いま : 歿後百年記念論集 里見繁美・中村善雄・難波江仁美編著 英宝社 2016 411頁 ヘンリー・ジェイムズ(1843−1916)没後100年記念して編まれたジェイムズ研究者20名の論文集。越境 …

関西支部9月例会のお知らせ

暑い日が続いておりますが、いかがおすごしでしょうか。 関西支部の9月例会を下記の要領で開催致します。会員の皆様におかれましては、万障お繰り合わせのうえ、多数ご参加下さいますよう、ご案内申しあげます。 ■日時  9月9日( …

新刊紹介:相田洋明 著 『フォークナー、エステル、人種』

【書名】『フォークナー、エステル、人種』 【出版社】松籟社 【発行日】2017年3月31日 【価格】2000円+税 【紹介文】 詩人として出発したフォークナーを、小説へと、そして南部社会と人種意識というテーマへと向かわせ …

新刊紹介:ラルフ・ウォルドー・エマソン(著) 小田敦子・武田雅子・野田明・藤田佳子(訳)『エマソン詩選』(転換期を読む 26)

ラルフ・ウォルドー・エマソン(著) 小田敦子・武田雅子・:野田明・藤田佳子(訳) 『エマソン詩選』(転換期を読む 26) 未來社、2016.5.25、四六版246頁、\2,400 エマソンが出版した2つの詩集から、エマソ …

新刊紹介:里内克巳著『多文化アメリカの萌芽ーー19~20世紀転換期文学における人種・性・階級』

里内克巳著『多文化アメリカの萌芽ーー19~20世紀転換期文学における人種・性・階級』彩流社、2017.6. 本体価格4800円 【内容紹介】 19世紀末~20世紀初頭の世紀転換期のアメリカ。文学史では、「リアリズム」と「 …

新刊紹介:渡邉克昭 著 『楽園に死す―アメリカ的想像力と〈死〉のアポリア』

著者名: 渡邉克昭 書名: 『楽園に死す―アメリカ的想像力と〈死〉のアポリア』 出版社: 大阪大学出版会 出版年: 2016年 価格: 7100円 【概要】 何人においても〈死〉というものは、通過不可能な経験であり、いか …