日本アメリカ文学会関西支部第4回奨励賞授賞式

奨励賞は、次世代を担う若手研究者の研究を奨励するために設けられています。

第4回奨励賞は、『関西アメリカ文学』第54号に論文が掲載された、次のお二人が受賞されました。

●柳楽有里氏(京都大学国際高等教育院非常勤講師)”Closed Doors and Windows in Gloria Naylor’s Linden Hills

●近藤佑樹氏(大阪大学院生)”The Revenant’s Voice Returns: The Transcendence of the Female Terrorist in Philip Roth’s American Pastoral

12月2日に行われた日本アメリカ文学会関西支部第61回大会において、山本秀行編集委員長から講評があり、西谷拓哉支部長から賞状と副賞が贈られました。

その後、お二人から受賞の喜びを語るご挨拶がありました。