日本ナサニエル・ホーソーン協会関西支部 12月例会

日本ナサニエル・ホーソーン協会関西支部研究会12月例会を以下の通り開催いたします。

日 時: 平成29年12月23日(土)午後3時開会 

          (午後2時30分より入室可、終了午後5時15分予定)

場 所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス1406室

阪急梅田駅茶屋町口から北へ約5分、アプローズタワー14階

http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html

(ホテル阪急インターナショナルが入っている建物)

*ただし、入口はホテルのエレベーターとは別ですのでご注意ください。

飲み物は各自でご持参ください。

講演:

山下 昇(相愛大学)

「フォークナーとホーソーンの近さと遠さ」

司会 丹羽隆昭(京都大学名誉教授)

主に『野生の棕櫚』と『緋文字』を扱い、他の作品にも触れながらお話し下さる予定です。

関西支部研究会世話人 西谷拓哉 (takuyan@kobe-u.ac.jp)


コメントは受け付けていません