本部終身会員について

「本部終身会員」の導入と申し込み手続きについて

日本アメリカ文学会関西支部会員各位

平素は支部の活動にご協力賜りまことにありがとうございます。先般開催された臨時総会の議事録でも記しておりますように、日本アメリカ文学会において「終身会員」の制度が導入されたのに伴い、当支部において「本部終身会員」の資格を設けることになりました。つきましては、その導入の背景と申し込み手続きについてご説明申し上げます。

1.導入の背景について

2017年10月15日に開催された日本アメリカ文学会総会において、「終身会員」の導入とそれに伴う会則の変更が提案され、承認されました。

改定(下線部追加)

第5条

本会の会員は第2条の主旨に賛成し、会費年額5,000円を各支部をつうじて納入するものとする。

10年以上の会員歴のある68歳以上の正会員は、本人の申し出により、本部会費10,000円を各支部をつうじて一括納入することにより終身会員となることができる。但し、支部会員資格を消失した場合は、終身会員の資格を消失する。

本会に年額17,000円の会費を納入するものを維持会員とする。

本会に年額33,000円以上の会費を納入するものを賛助会員とする。

2018年4月1日より施行

2.関西支部における「本部終身会員」の申し込みについて

(1)申し込み

「本部終身会員」の申し込みは支部事務局にて受け付けます。毎年4月に送付する郵便振替用紙通信欄に、「本部終身会員」の会費について次のように記載いたします。希望する会員はここに○をお付け下さい。

本部終身会員(10年以上の会員歴のある68歳以上の正会員)を希望される方は「希望する」に○を付けて下さい。希望する

初年度納入会費は13,000円(本部会費10,000円(一括)と今年度支部会費3,000円)となります。金額を変更してお振り込み下さい。

(2)会費の納入

初年度 振替用紙に印字してある金額を変更して、13,000を納入して下さい。

次年度以降 年額3,000を納入して下さい(終身会員には、その金額を記した振替用紙をお送りいたします)。ただし、支部会員資格を喪失した場合は、日本アメリカ文学会の「終身会員」の資格を喪失し、同時に関西支部における「本部終身会員」の資格も喪失しますのでご注意下さい。

 

以上の点につき、ご不明の点がございましたら、支部事務局までお問い合わせいただければ幸いに存じます。よろしくお願い申し上げます。

支部長 西谷拓哉